【高校受験】冬休みの勉強法と過ごし方「親が受験生と上手に関わる方法」

冬休みの勉強法高校受験の準備室

高校受験前の冬休みの過ごし方は、受験に向けて大きなターニングポイントです。

冬休みの勉強法や過ごし方を知っておくことで、効率的に勉強を行うことが出来ます。

また、親が受験生と上手に関わる方法を抑えることで、お子さんだけでなく保護者も冬休みを充実したものにできるでしょう。

以下、信頼性のため自己紹介します!

だいぞー先生のプロフ
スポンサーリンク

高校受験前の冬休みの勉強法

高校受験前の冬休みの勉強法

冬休みの勉強内容

冬休みは高校受験直前の大事な時期なので、実践的な問題演習をする時期にしましょう。

具体的には、高校受験で「出題されやすい問題」を解くことになります。高校受験で出題されやすい問題は、重要度が高くてある程度出題の方法も予想できます。

学校で配布される重要ポイントのまとめプリント等の活用も良いですが、市販されている教材に素晴らしいものがあるので紹介させてください。

▼5教科の直前問題集はこの2つ!

冬休みの勉強時間

冬休みには、毎日最低8時間は勉強時間を確保したいところです。

時間が長いので、1日に2時間×4回というように時間を分けて集中を保ちながら勉強できるように工夫してください。

志望校の決定

冬休みが終わったら、いよいよ出願が始まります。したがって、志望校は冬休みが終わるまでには決定するべきです。

これまでに受験した模試の合否判定の資料を参考にして、候補になっている高校の中から決定しましょう。

▼高校受験までどの時期に何をやればいいのか解説↓

スポンサーリンク

受験生の正しい冬休みの過ごし方

受験生の正しい冬休みの過ごし方のポイントは、次の2つです。

  • 規則正しい生活を送る
  • 体調管理に気をつける
  • 予防接種を済ませる

それぞれ詳しく見ていきましょう。

規則正しい生活を送らせる

規則正しい生活を送らせる

冬休みを過ごす上で一番大事な事は「規則正しい生活を送ること」になります。

受験勉強をするための資本は健康な身体です。

冬休みは午前中から午後にかけて自由に時間をコントロールすることが出来ます。学校に通いながらだと時間のコントロールは出来ないので、冬休みをどう活用するかが重要です。

高校受験は午前中から行われるので、試験開始に合わせて勉強するのをおすすめします。

朝食を食べてから受験会場まで移動することを踏まえて起床し、試験時間に合わせて勉強しましょう。

試験時間に合わせて勉強することによって、本番と同じ時間帯に頭が活性化するリズムを体に植え付けることができます。

試験科目の順番も基本的には前年と同じと予想されるので、試験時間に合わせて各教科の勉強を行うとより効果的に勉強が出来るでしょう。

睡眠時間を確保させる

睡眠時間を確保させる

冬休みの過ごし方で最も気を付けたいのが「体調管理」です。

毎年、体調を崩して高校受験で100%の力を発揮できない受験生を見てきました。

風邪やインフルエンザなどの感染症から身を守るためにも、手洗い・うがいを徹底的に行う習慣をつけましょう。

部屋の室温や湿度も体調に影響を与える要因になるので、気を配るようにしてください。

体調管理のため、冬休み中は毎日8時間の睡眠を確保させることが大事です。

睡眠は体力回復だけでなく、長期記憶の定着にも重要なので8時間の確保を心掛けましょう。

栄養バランスの良い食事を食べさせる

栄養バランスの良い食事を食べさせる

栄養バランスの良い食事は、体調管理に大きく関係します。

ミネラルやビタミンが不足すると、風邪や感染症になりやすくなってしまいます。

冬休みは自宅で過ごす時間が増え、間食が摂りやすいせいで食事をきちんと食べない状況に陥りやすいです。

体調管理のためにも、朝昼晩の3食で野菜を多く取り入れた「栄養バランスの良い食事」を食べさせましょう。

予防接種を済ませる

冬休みまでに、お子さんの予防接種を済ませておきましょう。

受験は総力戦です。家族も予防接種を済ませておくべきです。

家族が感染症に感染することによって負うリスクは計り知れません。

高校受験前の大事な時期に体調を崩せば、勉強に大きな遅れが生じます。

勉強の遅れは焦りを生み、焦りからイライラが溜まっていくという負のスパイラルが始まってしまったら最悪です。

面倒くさがらずに、冬休みまでに予防接種を済ませておきましょう。

スポンサーリンク

親が受験生と上手に関わる方法

親が受験生と上手に関わる方法は、次の3つです。

  • 集中できる環境を整える
  • 弱音や愚痴をひたすら聞く
  • 干渉しすぎない

それぞれ、確認していきましょう。

集中できる環境を整える

お子さんが勉強しやすい環境を整えることは大事です。

受験勉強の大敵である「スマホ」や「ゲーム」といった誘惑物が近くにある環境では集中することができません。

勉強しようと机に向かっても、テレビの音がうるさかったり、家族の笑い声が聞こえたりすると集中力が乱れます。

誘惑物は保護者が協力して管理したり、集中力を乱す行為を避けて、静かで勉強に集中できる環境を整えましょう。

弱音や愚痴をひたすら聞く

弱音や愚痴をひたすら聞く

受験勉強はストレスとの戦いでもあります。

悩みや不安な気持ちから、弱音や愚痴を言いたくなる受験生も多いでしょう。

弱音や愚痴を聞いてあげられるのは親だけです。お子さんが抱える悩みや、受験に対する不安な気持ちを聞いてあげてください。

悩みの解決や、不安解消につながるアドバイスができると良いですが、的確なアドバイスはなかなか難しいと思います。

無理にアドバイスしようとせず、「弱音や愚痴をひたすら聞く」ことを心がけてください。

弱音や愚痴を聞いてもらうだけで、気分はスッキリするものです。

干渉しすぎない

お子さんを心配するあまり、ついつい干渉しすぎてしまう保護者もいます。

気持ちは分かりますが、干渉しすぎは親子ケンカの原因になってしまいます。

険悪な雰囲気の中、冬休みを過ごすことになったら最悪です。

放置する必要はありませんが、お子さんを信じてできる限りのサポートを心がけましょう。

勉強に集中できる環境づくりや弱音や愚痴を聞いてあげるなど、できることは意外と多くあります。

スポンサーリンク

年末年始の過ごし方

年末年始の過ごし方

受験生は年始年末に当たる「12月31日から1月3日」までの期間は面白いテレビ番組が放送されるなど誘惑が多い時期です。

年始年末に受験勉強を休んでいいかは意見が分かれます。

受験勉強に関わらず、勉強はいかに集中して取り組めるかが大事です。誘惑が気になって集中できずにダラダラ勉強するくらいなら、やらないほうがマシです。

「受験生には、年始何末は関係ない!」という意見の先生や保護者もいるでしょう。ですから、年始年末に勉強するか勉強しないかは、お子さんに判断させましょう。

1月1日から3日まではどうしても受験勉強ができない事情も起こるので、初めから勉強スケジュールから外して計画を立てるのも良い方法です。3日間は休むことにして、冬休みに勉強するべきことは他の日程でカバーすれば問題ありません。

とはいえ、「受験勉強を休むこと=悪」と罪悪感を感じてしまう受験生もいます。

そんな時は、年始年末の勉強は毎日2時間だけにするなど時間を少なくコントロールすると良いでしょう。

実際、受験勉強を完全に休んでしまうと再開するのが辛くなるので、毎日時間を見つけて少しでも勉強を継続していくのがおすすめです。

スポンサーリンク

高校受験前の冬休みの勉強法

冬休みまでに基礎固めを終えておくことが前提です。

冬休みは高校受験直前の大事な時期なので、実践的な問題演習をする時期にしましょう。

具体的には、高校受験で「出題されやすい問題」を解くことになります。高校受験で出題されやすい問題は、重要度が高くてある程度出題の方法も予想できます。

学校で配布される重要ポイントのまとめプリント等や市販されている教材を活用して勉強しましょう。

冬休み以降は、過去問を使ってより実践的な勉強をして本番に向けた準備を行います。

冬休みは受験に向けた最後の追い込みの場です。

この記事で紹介したポイントを押さえながら、お子さんをしっかりとサポートしてあげてください。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました