中学生の勉強のモチベーション低下「学校では教えない3つの対処法」

中学生の勉強のモチベーション低下究極の勉強法

この記事では、中学生なら誰でも陥るモチベーション低下から脱出する方法が分かります。

たく先生
たく先生

現役の教員である僕が、ズバリ教えます!

スポンサーリンク

モチベーション低下は努力している証拠

モチベーション低下は誰でも陥るものです。

モチベーション低下は努力している証拠と考えましょう。

モチベーション低下はスピーディーに解決することが大事です。

・日記を書く

・原因を紙に書き出す

・誰かに相談する

のがいいと思います。

モチベーション低下にどう向き合えばよいかを考えてみましょう!

勉強にモチベーション低下はつきもの

勉強について困ったことがないか、中学生に尋ねると

「モチベーション低下に陥らない方法が知りたいです」と聞かれることが多いです。

僕もこれまで、何度もモチベーション低下に陥ってきました。

さて、僕はこの質問にどう答えるでしょうか?

スポンサーリンク

モチベーション低下に陥る理由

僕は努力しているからこそ、モチベーション低下に陥るのだと考えます。

目標を持って毎日努力していなければ、好調も不調もありません。

スポーツの世界でも一流選手が深刻なモチベーション低下に悩むというニュースはよく目にしますよね。

モチベーションが低下するのは、現状に満足していない証拠なのです。

要するに、モチベーション低下とは「現状を打開し、次の目標にたどり着くまでの過程」だと言えます。

モチベーション低下に陥らない方法

ズバリ、その答えは「そんな方法は、ありません」です。

僕は部活で中学生を指導する機会も多いので、なかなか勝てない・記録が出ないというモチベーション低下に悩む生徒を数多く見てきました。

モチベーションとはそもそも何なのでしょうか。

①動機を与えること。動機づけ。誘因。
②物事を行う意欲。

引用:広辞苑

モチベーション低下を感じたら、どうするべきかを教えます。

モチベーション低下を感じたら

僕はモチベーション低下はピンチではなく、チャンスだと捉えるようにしています。

理由は繰り返しになりますが、努力している証拠だからです。

とは言え、モチベーション低下を打開するために何らかの手立てを講じる必要があります。

打開の第一歩はモチベーション低下の原因を突き止めることです。

対処法を3つ紹介します。

日記を書く

モチベーション低下に陥ったときに自分が好調だったときの状態をどれだけ把握できているかは非常に重要です。

好調時とモチベーション低下をしている現在を対比することで原因が明確になるからです。

この状態の把握に持ってこいなのが「日記」です。

自分と対話し、自分自身を理解している生徒は勉強でもスポーツでも伸びる可能性が高いと確信を持って言えます。

原因を紙に書き出す

原因は1つとは限りません。

思いつく限り、紙に書き出してみます。

部活で言えば、もしかしたら相性の悪い相手との対戦だったかもしれません。

調整がうまく行かなかった、私生活でストレスがあったかもしれません。

勉強で言えば、確かに点数が低かったかもしれませんが平均点も低いかもしれません。

たまたま、苦手分野のオンパレードで得点がとれなかった可能性もあります。

どんどん書き出していきます。

誰かに相談する

モチベーション低下の原因を書き出していくと、意外と大したことなかったと感じる原因も多いものです。

もし、深刻な原因が判明したら対応策を考えます。

対応策としてベストな方法は誰かに相談することです。

独りで悩んでも解決できることは少ないです。経験者に聞いてしまえばいいわけです。

いかにスピーディーに解決できるかが大事です。

現状維持は一番良くないです。

モチベーション低下は努力している証拠

モチベーション低下は誰でも陥るものです。

モチベーション低下=悪ではなく、努力している証拠と考えましょう。

モチベーション低下は何はともあれスピーディーに解決することが大事です。

モチベーション低下に陥ったときに「経験者」や「相談できる、信頼できる存在」がいると心強いですね!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました