スポンサーリンク

中学生の読解力を高める方法「読解力低くなった原因と解決方法とは」

中学生が読解力を高める方法究極の勉強法
スポンサーリンク

これまで中学校の教員をしてきて、定期テストや高校入試で高得点を取るために必要なことを常に考えてきました。

中学生が定期テストや高校入試で高得点を取るためにレベルアップするべき能力は・・・

  • 集中力
  • 記憶力
  • 読解力
  • 記述力
  • 思考力

5つの能力をトレーニングすることでレベルアップできます.



読解力がなければ、問題で何を聞かれているのかも分かりません・・・。

保護者
保護者

読解力を高める方法を知りたい

定期テストや模試の結果を見て、お子さんの読解力の低さに悩む保護者の気持ちがすごく分かります。

現実問題として、定期テスト問題は高校入試の変化に対応する形で「長文化」が進んでいます。

この長文化は国語だけでなく社会や理科などの国語以外の教科でも年々進んでおり、問題を解くときに必要です。

この記事では、現役の教師が20年の教員生活で得た経験をもとに、中学生の読解力を高める方法を解説します。

たく先生
たく先生

現役の教員である僕が、ズバリ教えます!

スポンサーリンク

中学生が読解力を高める方法

中学生の読解力が下がってしまう要因は世の中に沢山あり、SNSはその最たる例と言えます。

では、中学生が読解力を高める方法はあるのでしょうか?

次の6つを心掛けて生活すれば、中学生の読解力が高めることが可能です。

中学生の読解力が高める方法は次の6つです。

  1. 読書を習慣化する
  2. 文章を音読する
  3. 反応しながら読む
  4. 思考の視野を意識する
  5. 語彙力を高める
  6. いろいろなことにチャレンジする

中学生が読解力を高める方法の中には、当たり前のことが多いと思いませんか?

当たり前のことができない中学生が多いせいで、中学生の読解力が低くなっているんです・・・。

それでは、読解力とはどんな力なのか解説していきましょう。

スポンサーリンク

読解力とは

読解力と聞くと「文章を読む力」と考える人が圧倒的に多いと思います。

しかし、読解力は「文章を読んで、内容を要約し、その意味を正しく理解するための能力」を指します。

読解力が中学生にとって、欠かせない力である理由を詳しく解説します。

中学生の読解力が低くなった原因

中学生の読解力の低下に関しては、僕が中学生の時代(20年以上前)から言われていました。

読解力の低下はますます深刻化しており、最近の中学生の読解力の低くさには目を覆いたくなります。

僕は中学生の読解力が低くなってしまった原因は「SNS」にあると考えています。

インターネットやSNSが爆発的に進化し、スマホを持っていない中学生の方が少ない時代になりました。

中学生のSNSを使ったやりとりは写真や画像だけを相手に送る、短い文(了解をりょで済ますなど)メインで、文章を考えることをしません。しまいには、スタンプや絵文字だけでやり取りをするのが当たり前で、中学生の読解力が低下するのは当然です。

僕は一概にSNSが悪いとは思いません。むしろ、今後どうSNSと使いこなすかの方が大事だと思っています。SNSの正しい使い方を身につけることは学校でも家庭でもきちんと指導することが求められるでしょう。

読解力が低いと起こる問題

「読解力=国語で必要な力」というイメージがあると思いますが、国語以外の教科でも読解力が低いと問題を解けないという問題が起こります。

読解力がないと・・・

  • 教科書の内容
  • 授業で先生が説明している内容
  • テストで何が問われているか

を理解することができません。

ということで、読解力は国語だけでなく全ての教科で必要とされる力だと言えます。

読解力が低く人の話が理解できない場合・・・

  • 中学校での人間関係の構築
  • 高校受験の面接

といった場面で問題が起こります。

友人や先輩と過ごす時間は中学校生活の大きな柱になりますし、面接では相手の質問の意図を理解した解答が必要になります。

読解力は人とコミュニケーションをとる際にも必須の能力です。

スポンサーリンク

中学生が読解力を高める方法を具体的に解説

中学生の読解力が低下している現実読解力の低下によって起こる問題は理解できたでしょうか?

次に、どうすれば中学生が読解力を高められるのかが気になります。

現役の中学校の教員として、6つの方法を考えました。

  1. 読書を習慣化する
  2. 文章を音読する
  3. 反応しながら読む
  4. 思考の視野を意識する
  5. 語彙力を高める
  6. いろいろなことにチャレンジする

それでは、具体的に中学生が読解力を高める方法を確認していきましょう。

読書を習慣化する

中学生が読解力を高める方法で、一番最初に取り組むべきことは『読書を習慣化すること』です。

当たり前だと言われそうですが、『読書を習慣化を行うことができている中学生は多くありません。

読書を習慣化させるための第一歩は、本が手軽に読める環境づくり・・・つまり本を手に取ることになります。

知り合いが本を夢中で読んでいたら、どんな本を読んでいるんだろうと気になりませんか?

保護者が本好きだと、その子供も読書が好きである確率は非常に高くなります。保護者が本好きだと、その子供も読書が好きである確率は非常に高くなる理由は、保護者と子供が一緒に読書するからです。

本が手軽に読める環境と本への興味が出てきたら、「1ヵ月に1冊の本を読むこと」を目標に読書を始めましょう。

1ヵ月に1冊の本を読むことが当たり前になると中学生は自然と本を読むようになり、読書の習慣化に伴って語彙力がどんどん増します。

もしかしたら読んだことのある本が高校受験の問題になるかもしれません。読書を習慣化することで、読んだことのある本が高校受験の問題になる可能性は確実に高まります。

文章を音読する

「音読=文章をくまなく読み上げること」です。

小学生のときは音読が当たり前だったのに、中学生になると音読する機会がめちゃくちゃ減ります。

文章を読むときに、黙読も音読もどちらも変わらないと思う人が多いかも知れませんが、黙読では文章をちゃんと理解できていません。

黙読では文章をちゃんと理解できていない理由は、黙読をすると流し読みや飛ばし読みをしてしまうからです。

一方で、音読であれば「読む」「話す」「聞く」の3つを同時に行うので流し読みや飛ばし読みができなくなり、読めない漢字もバレバレです。音読によって結果的に文章をちゃんと理解することができます。

1度〜2度の音読で終わりにするのではなく、音読を継続すると中学生の読解力は確実に高まるはずです。

反応しながら読む

文章を読解するときに・・・

「なるほど!」

だったり、

「へぇ、ビックリしたなぁ」

というように、反応しながら読みましょう。

何かをするときに印象的な出来事が起こって、印象に残ったという経験がありませんか?

文章を「反応しながら読む」と、読解した内容や情報に反応した内容が追加されるので、自分の中で読解した内容や情報がリメイクされます。

ちょっとしたことですが、読解した内容や情報をリメイクすることで中学生の読解力は驚くほど高まるんです。

思考の視野を意識する

文章を読むときの視野には「視覚の視野」「思考の視野」の2種類があります。

狭い範囲に注目しながら読むと1点に集中する「視覚の視野」しか使えません。「視覚の視野」は紛らわしい文章の判別には有効ですが、文章全体の理解には適していません。

文章全体の理解が必要な場合には、背筋を伸ばして物理的に文章と目の距離を取るようにしましょう。

物理的に文章と目の距離を取れば、「思考の視野」を使うことができます。

読解力の高い中学生は、「思考の視野」を使って脳内で文章を地図のように認識し文章を読んでいるんです。

大事な部分はしっかり読む、具体例はサッと読むというように「視覚の視野」と「思考の視野」を使い分けて、緩急をつけながら文章を読みましょう。

語彙力を高める

読解力に語彙力は無関係のようですが、よーく考えてみれば文章内には多くの漢字が使われます。

漢字の意味が分からなければ文章の内容を理解することはできません・・・語彙力が超大事です。当然ですが語彙力がアップすると、読解力はどんどん向上していきます。

中学生が知らない言葉が多いのは当然で、間違った意味で暗記すると、後から修正するのは大変です。

語彙力は読解力に直結するので、知らない言葉に出会ったら「知らない言葉を辞書で調べるクセ」をつけましょう。

語彙力が低い中学生には漢字検定がおすすめです。漢字検定を受けることで、語彙力や熟語の知識が増えるので読解力が向上します。

いろいろなことにチャレンジする

チャレンジするって勇気が必要ですが、チャレンジすることで経験値が得られます。

特に初チャレンジで得られる経験値はめちゃくちゃ貴重です。

チャレンジによって得られるものは経験値だけではありません。

チャレンジを成功させたい思いから、成功する方法を自ら思考するようになります。

つまり、チャレンジして経験を積むことで「読解力を高めるために必要な思考力」が大幅にアップするんです。

スポンサーリンク

中学生が読解力を高める方法

中学生の読解力が下がってしまう要因はSNSにあると考えられます。

中学生の読解力が下がっているにも関わらず、高校受験では年々読解力を必要とする問題の出題が増えるという矛盾が生じています。

中学生は読解力を高めなければ、成績アップしません。

僕が考える、中学生の読解力が高める方法は次の6つです。

  1. 読書を習慣化する
  2. 文章を音読する
  3. 反応しながら読む
  4. 思考の視野を意識する
  5. 語彙力を高める
  6. いろいろなことにチャレンジする

6つの中学生が読解力を高める方法の中には、当たり前のことが多いです。

その当たり前をきっちり行うことで、何もしていない中学生に読解力で圧倒的な差をつけることも十分に可能となります。

毎日の生活の中でできることから始めて、少しづつでも良いので読解力を高めましょう。

最初にも触れましたが、読解力以外にも重要な能力があるのでチェックしてください。

中学生の『集中力』を高める方法「今すぐできる練習方法を3つ紹介」
これまで中学校の教員をしてきて、定期テストや高校入試で高得点を取るために必要なことを常に考えてきました。中学生が定期テストや高校入試で高得点を取るために、レベルアップするべき能力は・・・集中力記憶力読解力記述力思考力Read more...
中学生の記憶力を高める方法「覚えるテクニックを今すぐ試してみよう」
これまで中学校の教員をしてきて、定期テストや高校入試で高得点を取るために必要なことを常に考えてきました。中学生がテストや高校入試で高得点を取るためにレベルアップするべき能力は・・・集中力記憶力読解力記述力思考力Read more...
中学生の記述力を高める方法「解答を書くときの知られざる秘策とは」
これまで中学校の教員をしてきて、定期テストや高校入試で高得点を取るために必要なことを常に考えてきました。中学生が定期テストや高校入試で高得点を取るために、レベルアップするべき能力は・・・集中力記憶力読解力記述力思考力Read more...
中学生の思考力を高める方法「学校では教えてくれない裏ワザあります」
これまで中学校の教員をしてきて、定期テストや高校入試で高得点を取るために必要なことを常に考えてきました。中学生が定期テストや高校入試で高得点を取るために、レベルアップするべき能力は・・・集中力記憶力読解力記述力思考力Read more...

僕の記事が、お子さんの学力アップに役立てば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました