読解力を鍛える方法「読解力が無い中学生は高校受験のときに後悔する」

読解力を鍛える方法効率的な勉強法

問題を解くときに、読解力がなければ…何を問われているのかさえ分かりません。

保護者
保護者

読解力をつける方法を知りたい

というように、定期テストや模試の結果を見て、お子さんの読解力の低さに悩む保護者の気持ちがすごく分かります。

現実問題として、高校受験の問題は「長文化」が全教科で進んでいるため注意が必要です。

それでは、さっそく読解力を鍛える方法をみていきましょう。

以下、信頼性のため自己紹介します!

だいぞー先生のプロフ
スポンサーリンク

読解力を鍛える方法

中学生の読解力が下がってしまう要因は世の中に沢山あり、SNSはその最たる例と言えます。

では、中学生が読解力を鍛える方法はあるのでしょうか?

読解力を鍛える方法は、次の5つになります。

  1. 読書の習慣化
  2. 語彙力を高める
  3. 音読する
  4. 要約する
  5. 経験値を得る

この5つの「読解力を鍛える方法」の中には、当たり前のことが多いと思いませんか?

当たり前のことができない中学生が多いせいで、中学生の読解力が低くなっているんです…。

スポンサーリンク

中学生の読解力は低下している

中学生の読解力は低下している

読解力と聞くと「文章を読む力」と考える人が圧倒的に多いです。

しかし、読解力は「文章を読んで、内容を要約し、その意味を正しく理解するための能力」を指します。

国際学力テスト(通称PISA)をご存じでしょうか?

国際学力テストは、世界79ヵ国、約60万人の15歳児を対象とした国際的な学力テストのことです。

早速、2012年・2015年・2018年に実施された国際学力テストの結果を見ていきましょう。

日本の順位
2012年4位
2015年8位
2018年15位

まだ2022年の結果がでていませんが、徐々に順位が下がっていることが分かります。

実際、教育現場でも中学生の読解力の低下は感じますし、もはや文章を読むこと自体ができないという深刻な状況の中学生も存在します。

スポンサーリンク

中学生の読解力が低下した原因

中学生の読解力の低下に関しては、僕が中学生の時代(20年以上前)から言われていました。

読解力の低下はますます深刻化しており、最近の中学生の読解力の低くさには目を覆いたくなります。

中学生の読解力が低くなった原因は、次の2つです。

  1. 本ではなくネットで調べるから
  2. SNSが普及したから

それぞれを、詳しく解説します。

本ではなくネットで調べるから

本ではなくネットで調べるから

中学生が文章を読むときに使えるコンテンツはいくつかありますが、基本的には「本(教科書や新聞を含む)」か「ネットの情報」が主なコンテンツになるでしょう。

本の場合は読むのに時間が必要ですが、質の高い情報が多く含まれているので読解力がつくコンテンツになります。

定期テストや高校受験の問題も、本と同じように紙に書かれた文章であることも忘れてはいけません。

今はネットに情報があふれていて、疑問をすぐに調べることができる時代です。

中学生もスマホを当たり前のように持っている時代になったので、わざわざ本を使わずにネットで検索することで完結します。

ネット情報は分かりやすさを追求するが故、短い文章が多い点が読解力の低下に影響していると考えられます。

SNSが普及したから

SNSが普及したから

インターネットやSNSが爆発的に進化し、スマホを持っていない中学生の方が少ない時代になりました。

中学生のSNSを使ったやりとりは写真や画像だけを相手に送る、短い文(了解を「りょ」で済ますなど)メインで、文章を考えることをしません。

スタンプや絵文字だけでやり取りをするのが当たり前で、中学生の読解力が低下するのは当然です。

スポンサーリンク

読解力が低いと起こる問題

読解力がないと……

  • 教科書の内容
  • 授業で先生が説明している内容
  • 問題で問われている内容

を理解することができません。

つまり、読解力は国語だけでなく全ての教科で必要とされる力です。

読解力が低く人の話が理解できない場合……

  • 人間関係の構築
  • 高校受験の面接

といった場面で問題が起こります。

友人や先輩と過ごす時間は中学校生活の大きな柱になりますし、面接では相手の質問の意図を理解した解答が必要になります。

読解力は人とコミュニケーションをとる際にも必須の能力です。

スポンサーリンク

読解力を鍛える方法を具体的に解説

「中学生の読解力が低下している理由」と「読解力が低いと起こる問題」は理解できたでしょうか?

次は、どうやって読解力を鍛えるかです。

読解力を鍛える方法は……

  1. 読書の習慣化
  2. 語彙力を高める
  3. 音読する
  4. 要約する
  5. 経験値を得る

の5つです。

それでは、具体的に中学生が読解力を鍛える方法を確認していきましょう。

読書の習慣化

読書の習慣化

中学生が読解力を鍛える方法で、一番最初に取り組むべきことは『読書を習慣化すること』です。

当たり前だと言われそうですが、『読書の習慣化』ができている中学生は多くありません。

読書を習慣化させるための第一歩は、本が手軽に読める環境づくり…つまり本を手に取ることです。

読書の習慣化が重要だと分かっていても、なかなか本や新聞を手に取ることができない中学生は多いので、なかなか本を手に取ることができない中学生におすすめしたいのが『マンガ』になります。

僕自身の経験にも基づいているのですが、マンガを読むと語彙力や読解力が高まります。

マンガにはイラストがあって読みやすい上、スポーツや恋愛など興味が湧くジャンルが絶対にあります。

僕は中1のときに少年マンガや少女マンガを読み漁り、本への抵抗がゼロになりました。その結果、歴史小説にハマって読書好きになり、中3の時には国語が得意教科になっていました。

文章を読むことの入り口として、マンガから始めてみてはいかがでしょうか?

本が手軽に読める環境と本への興味が出てきたら、「1ヵ月に1冊の本を読むこと」を目標に読書を始めましょう。

もしかしたら読んだことのある本が高校受験の問題になるかもしれません。読書を習慣化することで、読んだことのある本が高校受験の問題になる可能性が高まります。

知り合いが本を夢中で読んでいたら、どんな本を読んでいるんだろうと気になりませんか?

保護者が本好きだと、保護者と子供が一緒に読書するので子供も読書が好きになるケースが非常に多いです。お子さんと一緒に読書をしてみては、いかがでしょうか?

語彙力を高める

語彙力を高める

漢字の意味が分からなければ、文章の内容を理解することはできません。

語彙力がアップすると、読解力はどんどん向上していきます。

中学生が知らない言葉が多いのは当然で、間違った意味で暗記すると、後から修正するのは大変です。

語彙力は読解力に直結するので、知らない言葉に出会ったら「知らない言葉を辞書で調べるクセ」をつけましょう。

語彙力が低い中学生には漢字検定がおすすめです。漢字検定を受けることで、語彙力や熟語の知識が増えるので読解力が向上します。

音読する

音読する

「音読=文章をくまなく読み上げること」になります。

小学生のときは音読が当たり前だったのに、中学生になると音読する機会がめちゃくちゃ減ります。

音読の有効性

文章を読むときに、黙読も音読も同じと思う人が多いかも知れませんが、黙読では文章をちゃんと理解できません。

黙読では文章をちゃんと理解できていない理由は、黙読をすると流し読みや飛ばし読みをしてしまうからです。

一方で、音読であれば「読む」「話す」「聞く」の3つを同時に行うので流し読みや飛ばし読みができなくなり、読めない漢字もバレバレです。

音読をすれば誤魔化しがきかないので、文章をちゃんと理解できます。

1度〜2度の音読で終わりにするのではなく、音読を継続すると中学生の読解力は確実に高まります。

音読の効果をあげる方法

これまでに印象的な出来事が起こって、印象に残ったという経験は誰にでもあります。

文章を読解するときに……

「なるほど!」

「へぇ、ビックリしたなぁ」

というように、反応しながら読みましょう。

文章を反応しながら読むと、読解した内容に反応した内容が追加され、自分の中で読解した内容や情報がリメイクされます。

ちょっとしたことですが、読解した内容や情報をリメイクすることで中学生の読解力は驚くほど高まります。

要約する

要約は文章を自分の言葉で短く言い換える作業のことです。

要約は文章を考えながら読むことになるので、読解力をつけるのに効果的な勉強法になります。

文章の要約で身に付く2つの力

文章を要約すると……

  • 文章の内容を正確に読み取る力
  • 大事なポイントを抜き出す力

という2つの力が身に着くので、読解力をつけるのにおすすめの方法になります。

要約は、時間を置いてから見返すと改善点が見つかることが多いです。

要約をアウトプットする

要約はどんどんアウトプット(他人に見せたり、話たりすること)することが読解力をつける近道になります。

例えば、要約を先生に添削してもらえば「まちがったポイントの抜き出し」や「間違った表現」に気づき、修正することでスキルアップすることができます。

人に話すことも、読解力をつけるのに効果的な方法です。

話すことで正しい日本語が身に付き、文章を表現するための言葉の引き出しが増えるので、読解力に加えて「記述力の向上」にも効果バツグンです。

経験値を得る

チャレンジするって勇気が必要ですが、チャレンジすることで経験値が得られます。

特に初チャレンジで得られる経験値はめちゃくちゃ貴重で、次回に向けて情報収集(読書など)するので、読解力につながっていきます。

また、チャレンジによって得られるものは経験値だけではありません。

次のチャレンジを成功させたいという思いから、集めた情報から適切な情報を選びながら自ら思考するようになります。

つまり、チャレンジして経験値を得ることで「読解力」や「読解力をつけるために必要な思考力」が大幅にアップするのです。

スポンサーリンク

読解力を鍛える方法

中学生の読解力が下がっているにも関わらず、高校受験では年々読解力を必要とする問題の出題が増えるという矛盾が生じています。

中学生は読解力を鍛えなければ、成績アップしません。

中学生の読解力を鍛える方法は次の5つです。

  1. 読書の習慣化
  2. 語彙力を高める
  3. 音読する
  4. 要約する
  5. 経験値を得る

5つの読解力を鍛える方法の中には、当たり前のことが多いです。

その当たり前をきっちり行うことで、何もしていない中学生に読解力で圧倒的な差をつけることが可能となります。

毎日の生活の中でできることから始めて、少しづつでも良いので読解力を高めましょう。

▼読解力以外に重要な力も併せてチェックしておきましょう↓

僕の記事が、お子さんの学力アップに役立てば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました