スポンサーリンク

オンライン家庭教師の料金相場「コスパの良い会社の見分け方とは」

オンライン家庭教師の料金相場オンライン家庭教師
スポンサーリンク

オンライン家庭教師のことがだんだん分かってきて、オンライン家庭教師の授業のイメージも出来ました。

最後に、オンライン家庭教師について気になることは…..

オンライン家庭教師の料金相場どのくらいなの?

ではないでしょうか?

オンライン家庭教師各社の料金体系を見てみると、ゴチャゴチャしていて分かりにくいです。

はい、安心してください。オンライン家庭教師の分かりにくい料金相場を調べました。

この記事は下記のような人におすすめです。

この記事では、オンライン家庭教師の料金相場を解説しています。

以下、信頼性のため自己紹介します!

たく先生
たく先生

某私立中高一貫校で理科教師をしています。
たくです!

僕自身がオンライン家庭教師の講師をやっているので、オンライン家庭教師の料金相場や料金体系には日本一詳しいので安心して読み進めてください。

スポンサーリンク

オンライン家庭教師の料金相場

オンライン家庭教師の料金は、次の2つで決まります。

  • 初期費用
  • 毎月の月謝

オンライン家庭教師に必要な機材を知らないと、無駄な機材を購入してしまって初期費用に必要以上のお金がかかってしまうかもしれません。

オンライン家庭教師を、毎月の月謝だけを見て選ぶのは危険です。

月謝が安くてもシステム利用料が必要だったり、教材の購入が義務のオンライン家庭教師もあります。

オンライン家庭教師の料金体系を知らないせいで、予定外の初期費用や月謝を支払う羽目になったご家庭もありました。

オンライン家庭教師探しで損をしないためにも「料金相場」を把握してから、オンライン家庭教師を選びましょう。

スポンサーリンク

オンライン家庭教師の月謝は安いのか

オンライン家庭教師の月謝は安い

オンライン家庭教師は講師がご自宅に訪問しません。

訪問型の家庭教師と比較して金額の面で、次のような違いがあります。

  • インターネット回線を用意する必要がある
  • 必要な機材を購入(またはレンタル)する必要がある
  • 訪問型の家庭教師より月謝が安い

オンライン家庭教師と訪問型の家庭教師の違いの中で、注目したい点は月謝の安さです。

オンライン家庭教師なら講師が「ご自宅に訪問しない」ので講師の交通費が発生せず、月謝が安くなるというわけです。

中学生になると、塾や家庭教師の利用料以外にも部活の遠征費などなど出費がかさみます。オンライン家庭教師であれば金銭的な負担を抑えられます。

また、オンライン家庭教師であれば「住んでいる場所に関係なく講師を選ぶことができる」、「講師に対する気遣いが不要」といったメリットも生まれます。

スポンサーリンク

まずは予算の計算から

本格的にオンライン家庭教師を探す前に、決めておきたいのが「予算」です。

オンライン家庭教師を始めるには…

  • 初期費用
  • 毎月の月謝

が必要になります。

とりあえず1年間の利用を想定して、年間でオンライン家庭教師に支払える予算を求めましょう。

年間の予算から初期費用を引いたものを12で割った金額が「1か月に支払える月謝」になります。

1か月に支払える月謝の計算方法

言うまでもなく、オンライン家庭教師で対応できるサービスは月謝に比例します。

初期費用の出費が抑えられれば、1か月に支払える月謝を増やすことができます。

予算を決めるために、初期費用から確認していきましょう。

スポンサーリンク

初期費用の料金相場

初期費用は、次の3つの費用になります。

  • 必要なものを購入する費用
  • 体験授業に必要な料金
  • オンライン家庭教師の入会金

初期費用の相場は0円~50,000円前後です。

それでは、初期費用の相場から見ていきましょう。

必要なものを購入する費用

必要なものを購入する費用

必要なものを購入する費用は、次の2つを押さえておけばOKです。

  • 教材を購入にかかる費用
  • 機材を購入する費用

それぞれ確認していきましょう。

教材を購入にかかる費用

教材を購入するための費用は実費で、オンライン家庭教師の初期費用は教材を購入するかで大きく変わります。

オンライン家庭教師の教材購入が必須の場合は、国数英の3教科の教材の合計金額が15,000円を超える場合もあります。

オンライン家庭教師のオリジナル教材はこだわって作成されているのかもしれませんが、それは学校の教材や市販の教材でも同じはずです。

オンライン家庭教師が用意したオリジナルの教材がある場合には、十分に中身や金額を確認してから利用を検討しましょう。

一方、学校の宿題やお持ちの教材が利用できるオンライン家庭教師であれば教材を購入する必要はありません。ただし、市販されている教材やお持ちの教材を使用する場合は、先生の分の教材費は生徒側が負担する必要がある可能性があります。

また、教材の購入がない代わりに管理費やシステム利用料が必要になるなど、オンライン家庭教師ごとに料金体系が違います。

オンライン家庭教師には、ダウンロードできるオリジナルの教材を用意しているサービスもあります。

ダウンロードが可能なサービスの多くは、現在の学年以外(過去に戻って学習できる)の教材も追加料金が不要で利用できるので有効活用したいサービスです。

教材の購入にかかる費用だけでなく、トータルの料金を確認することがコスパの良いオンライン家庭教師を見分けるポイントになります。

機材を購入する費用

オンライン家庭教師に「最低限必要なもの」は次の4つです。

必要度機材購入金額の目安
☆☆☆インターネット回線0円
☆☆☆パソコン0円~30,000円
☆☆☆Web会議ツール無料
☆☆教材実費
0円~30,000円程度
最低限必要なもの

※価格は参考金額です。購入する時期やショップによって価格は変動します。

ご自宅にインターネット回線とパソコンがあって、教材を購入する必要がなければ負担ゼロで始められます。

最低限必要なものに加えて、授業を充実させるために必要なものもチェックしましょう。

必要度機材購入金額の目安
☆☆☆インターネット回線0円
☆☆☆パソコン0円~30,000円
☆☆☆Web会議ツール無料
☆☆Webカメラ3,000円〜
☆☆ヘッドセット3,000円〜
ペンタブレット5,000円〜
11,000円~41,000円前後
授業を充実させるために必要なもの

※価格は参考金額です。購入する時期やショップによって価格は変動します。

Webカメラ、ヘッドセット、ペンタブレットは「授業の質をより良くするための機材」です。

機材のレンタルが可能なオンライン家庭教師もあり、中にはWebカメラやヘッドセットのレンタル料金が無料の場合もあります。

オンライン家庭教師側から必要な機材の指定があったら、指示に従って導入しましょう。

体験授業に必要な料金

体験授業に必要な料金

実際にオンライン家庭教師を体験をしてから入会ができるように、多くのオンライン家庭教師が体験授業を実施しています。

体験授業に必要な料金の相場は5,000円前後です。

ほとんどのオンライン家庭教師では無料で体験授業を受けられます。体験授業を受ければ、実際にオンライン家庭教師の中身がチェックできるでしょう。

また、体験授業を複数のオンライン家庭教師で受ければ、オンライン家庭教師同士を比較できます。

オンライン家庭教師によって所属する講師が違います。1つのオンライン家庭教師にこだわらず、複数のオンライン家庭教師で講師を探す方が理想の講師に出会える確率が高くなるでしょう。

実は「体験授業を受けるメリット」がもう1つあります。体験授業を受けたあとにオンライン家庭教師に入会すると、入会金の割引が受けられることです。オンライン家庭教師によっては、入会金を無料にする太っ腹な会社もあります。

体験授業をすることによるデメリットはまったくありません。オンライン家庭教師をはじめることに不安を感じているのであれば、まずは体験授業を受けてみましょう。

オンライン家庭教師の入会金

オンライン家庭教師の入会金

オンライン家庭教師の会社の大半で、入会時に「入会金」が必要になります。

オンライン家庭教師の入会金を4つの会社で比較してみましょう。

入会金備考
オンライン家庭教師A33,000円→0円期間限定キャンペーンで0円
オンライン家庭教師B26,000円2人目は13,000円(半額)に
オンライン家庭教師C22,000円
オンライン家庭教師D16,500円→0円無料の体験で0円

入会金の金額はオンライン家庭教師によって様々で、入会金の相場は15,000円~30,000円です。入会金の中に保証金が含まれているケースもあります。

保証金は授業料の支払いが滞ったときのためのお金で、支払いに問題がなければ退会時に返金されます。

上の表を見ても分かるように、入会金は家庭教師会社によって大きく差が出ます。また、入会金が0円のオンライン家庭教師は少ないです。

入会金が期間限定キャンペーンで0円になるオンライン家庭教師、体験授業を受けると入会金が割引されたり、入会金が0円になるオンライン家庭教師もあります。

ただし、入会金が不要な代わりに管理費やシステム利用料が必要な場合もあるので注意が必要です。

気になるオンライン家庭教師が見つかったら、入会金が無料になるキャンペーンや割引が行われていないかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

月謝の料金相場

オンライン家庭教師の月謝は、1ヶ月あたり15,000円~40,000円が相場です

オンライン家庭教師の月謝は、次の4つで決まります。

  • 授業料
  • 管理費やシステム使用料
  • 機材レンタルの料金
  • オンライン自習室の料金

それぞれの詳しい内容と料金相場を見ていきましょう。

授業料の料金相場

授業料の料金相場

オンライン家庭教師の授業は「コマ制」と「月額定額制」に分かれます。

コマ制は、1コマ(30分)で3,000円というように「1回の授業ごとに料金が発生する料金体系」です。

コマ制を採用しているオンライン家庭教師は、それぞれの会社で1コマの授業時間が異なります。

一方、月額定額制の場合は50分の授業が月4回で月額14,300円〜というように料金があらかじめ決められています。

オンライン家庭教師の月謝のほとんどが「授業料」で決まるので、毎月必要になる授業料が気になります。

オンライン家庭教師の授業の回数が週に1回の場合、授業料は10,000円~30,000円が相場です。

オンライン家庭教師の授業料が高くなるポイントは、次の3つになります。

  1. 学年が上がる
  2. 利用する目的が何か
  3. レベルの高い講師に依頼する

それぞれ、確認していきましょう。

学年が上がる

中1から中3まで授業料を固定しているオンライン家庭教師もあれば、中1・中2・中3の授業料がそれぞれ固定されているオンライン家庭教師もあります。

また、中1と中2に月謝と受験生である中3の授業料を高めに設定しているオンライン家庭教師もあり、オンライン家庭教師ごとに授業料の設定が違います。

ただ、すべてのオンライン家庭教師に共通しているのは「学年が上がる」と授業料が高くなるところです。当然、中学生が高校生になると授業料が高くなります。

利用する目的が何か

オンライン家庭教師を利用する目的が何かによって授業料が変わってきます。

  • 学校の授業のフォロー
  • 定期テストの点数アップ
  • 高校受験対策

下に行くほど、指導する内容が難しくなっていくので授業料が高くなります。

さらに、高校受験なら「難関私立高校の受験対策」を依頼すれば授業料が高くなるのは当然です。

利用する目的によって授業料が変動することを押さえておきましょう。

レベルが高い講師に依頼する

レベルが高い講師に依頼する

レベルが高い講師つまり、「実績がある講師」に指導を依頼するとオンライン家庭教師の授業料が高くなります。

あるオンライン家庭教師サービスを例に挙げて説明していきましょう。

月4回の授業料
大学生の講師14,500円
社会人のプロ講師27,000円
※1回の授業は60分

社会人のプロ講師は大学生の講師の約2倍の授業料になっています。

社会人の講師の方が大学生の講師よりも授業料が高い理由は、プロ講師はその道のプロなので大学生の講師より専門的な指導が可能だからです。

「専門的な指導が可能=指導の引き出しが多い」ことを指し、実績(例:難関高校に教え子が多数合格)に裏打ちされています。

となれば、社会人のプロ講師が良いとなりそうです。実はそうとは限りません。

社会人のプロ講師にもデメリットが存在します。

メリットデメリット
社会人の
プロ講師
経験や実績がある場合が多い。
指導力の高さが魅力。
授業日の変更が少ない。
年齢が離れていると…生徒が
打ち解けにくい可能性がある。
授業料が高め。
大学生の
講師
生徒と打ち解けやすい。
受験の体験談を聞ける。
授業料がリーズナブル。
指導力不足の可能性がある。
経験不足の可能性がある。
長期間受け持つ保証がない。
授業日の変更の可能性がある。
社会人のプロ講師と大学生の講師のメリットとデメリット

学校の先生で例えるならば、大学生の講師を新任の先生とすると、社会人の講師はキャリアを積んだベテランの先生と言ったところです。

月謝は高くなりますが、高い指導力を持つ社会人のプロ講師に指導を依頼するもよし。大学生の講師にリーズナブルな月謝で成績アップを依頼するもよし。何を目的とするかで講師を大学生にするか社会人のプロ講師にするか決めましょう。

また、大学生の講師を選ぶときに授業料に影響するのが講師の所属大学です。

ここも、あるオンライン家庭教師を例に説明していきましょう。

月4回の月謝
東大生・京大生30,800円
国立大学生17,600円
※1回の授業は60分

東大生と京大生月謝は国立大学所属の講師の月謝の約2倍になっており、講師のレベルによって授業料に差が生じることがハッキリ分かります。

より偏差値の高い大学生の方が質の高い授業が可能と判断され、授業料が高めに設定されるのです。

僕は勉強の指導だけでなく、講師自身の受験の経験談や大学の講義に関する話を聞く時間がとても大事だと思っています。

生の大学生の話を聞いて、高校進学や大学進学をイメージでれば、やる気アップにつながるからです。

難関大学の講師のアドバイス料を含めた授業料だと考えましょう。東大生や京大生のリアルな話を聞くチャンスって普通の中学生には無いですよ。

【オンライン家庭教師別】授業料まとめ

中学生の授業料をコマ制のオンライン家庭教師、月額定額制のオンライン家庭教師でそれぞれまとめました。

個人のオンライン家庭教師の授業料の相場も併せて紹介しているので、参考にしてください。

コマ制のオンライン家庭教師

オンライン家庭教師月謝
エイドネット1コマ(45分):1,625円~
ゴーイング1コマ(30分):1,000円
家庭教師 学参1コマ(60分):4,400円~
Netty1コマ(60分):6,500円~
※苦手科目対策コース
コマ制のオンライン家庭教師

※月謝とは別に、管理費やシステム利用料が必要な会社もあります。

月額定額制のオンライン家庭教師

オンライン家庭教師授業料
家庭教師のトライ月4回(60分):10,000円台~
e-Live月4回(30分):11,000円~
※講師はAランク(上から2番目)
Wam月4回(40分):7,600円~
Netty月4回(50分):14,300円~
月額定額制のオンライン家庭教師

※月謝とは別に、管理費やシステム利用料が必要な会社もあります。

個人のオンライン家庭教師

ここまでは、会社が運営しているオンライン家庭教師を見てきました。

個人で行っているオンライン家庭教師と契約を結んだ場合の料金相場も気になります。

個人の場合は管理費やシステム利用料などの経費がかからないので、会社で運営しているオンライン家庭教師より2割から4割くらい月謝が安くなる傾向にあります。

ただし、生徒も講師も個人同士なので万が一トラブルが起こったときには仲介はできません。多少のリスクは覚悟しなければなりません。

月謝を押さえたい場合、個人のオンライン家庭教師の利用の検討も考えてみましょう。

管理費やシステム使用料の料金相場

管理費やシステム使用料の料金相場

オンライン家庭教師の中には、月謝に加えて管理費やシステム使用料が必要な会社があります。

管理費は「オンライン回線の快適性を管理するために必要な料金」です。

システム使用料は「オンライン家庭教師のシステム(例えば専用アプリ)を使用するために必要な料金」になります。

管理費やシステム使用料の相場は、1ヶ月あたり2,000円~3,000円前後です。

次の2つの条件で指導を受けた場合で、2つのオンライン家庭教師の授業料を比較します。

  • 中学2年生
  • 授業は週1回60分
授業料
オンライン家庭教師A11,400円
オンライン家庭教師B13,200円
中学生が週1回60分の授業を受けた場合

オンライン家庭教師Bよりオンライン家庭教師Aの授業料が安いです。

ところが、管理費を足してみると…

授業料管理費月謝
オンライン家庭教師A11,400円3,300円14,700円
オンライン家庭教師B13,200円0円13,200円
中学生が週1回60分の授業を受けた場合

となり、オンライン家庭教師Aの方が月謝が高くなります。

管理費やシステム使用料が授業料に含まれない場合もあるので、パンフレットや体験授業で確認が必須です。

授業料に管理費やシステム使用料を加えた、月々のトータルの月謝を必ず確認しましょう。

機材レンタルの料金相場

必要な機材をレンタルできるオンライン家庭教師もあります。

機材のレンタル料金と購入料金の相場は、下の表の通りです。

必要度機材レンタル料金(最低)購入金額の目安
☆☆☆パソコン1,980円~30,000円〜(中古)
☆☆Webカメラ無料あり3,000円〜
☆☆ヘッドセット無料あり3,000円〜
ペンタブレット980円~5,000円〜
書画カメラ1,980円~10,000円~
機材のレンタル料金や購入料金の相場

※レンタル料金は1ヵ月当たりの料金です。

無料でレンタルが可能な場合は、レンタルの利用を前向きに検討しましょう。

有料のレンタルの場合は、月々のレンタル料が月謝に加算されることになります。

ペンタブレットの有料レンタルなら、半年もしないうちに元が取れてしまいます。機材によってはレンタルではなく購入を検討してもいいでしょう。

もしも機材を破損してしまったときのために、補償条件を確認してから機材のレンタルを利用しましょう。

オンライン自習室の料金相場

オンライン自習室の料金相場

オンライン自習室はオンライン家庭教師の授業の日以外にも「集中して勉強する環境」が手に入るので、超おすすめのサービスです。

評判の良いオンライン家庭教師は、積極的にオンライン自習室を運用しています。

オンライン自習室の料金相場は、1ヶ月あたり1,000円〜15,000円です。

オンライン自習室を利用する場合は、月々のオンライン自習室の料金が月謝に加算されることになります。

オンライン家庭教師の月謝を比較する場合、オンライン自習室の料金を加算してから料金を比べるのがおすすめです。

スポンサーリンク

退会にかかる料金

退会にかかる料金

いざオンライン家庭教師を始めてみたら「思っていたのと違う」、「子どもが想像と違ったと言い始めた」…その結果、やっぱり辞めたい!ということがよく起きます。

そんなときに、問題になるのが「退会の方法」「退会にかかる金額」です。

オンライン家庭教師を始める前の保護者から、もしものときは、やめられるの?と聞かれます。

オンライン家庭教師の退会の方法は、利用しているオンライン家庭教師に問い合わせて退会の意思を伝えるだけでOKです。

退会を希望する時期やタイミングによっては、退会を希望する月の翌月の料金が発生する可能性も出てくるので事前に確認する必要があります。

オンライン家庭教師を退会するときに気を付けたいのが「解約金」で、解約金の相場は20,000円前後です。

退会時に解約金が必要になるオンライン家庭教師は少ないですが、半年分や1年分の授業料クーポンを購入している場合は話が変わって来ます。クーポンを購入すると料金が割引されますが、途中で解約すると払い戻しがされず、買取になってしまいます。

退会時のことまでは確認し忘れる保護者が多いです。トラブルや不要な支出を無くすために入会時にしっかりと確認しましょう。

スポンサーリンク

オンライン家庭教師の料金相場

オンライン家庭教師の料金は、次の2つで決まります。

  • 初期費用
  • 毎月の月謝

オンライン家庭教師に必要な機材を知らないと、無駄な機材を購入してしまって初期費用に必要以上のお金がかかってしまうかもしれません。

オンライン家庭教師を毎月の月謝だけを見て選ぶのは危険です。

月謝が安くても管理費が必要だったり、教材の購入が義務のオンライン家庭教師もあります。

オンライン家庭教師の料金体系を知らないと、退会時に解約金が必要になると知ってビックリする羽目になります。

高校受験の合格や定期テストの点数アップなどが、オンライン家庭教師を利用する目的です。

料金以上の授業が受けられる、コスパの良いオンライン家庭教師を選ぶためにも「料金相場」を把握してから、オンライン家庭教師を選びましょう。

記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました