中学生の勉強ノートは3種類「とっておきの弱点克服術を伝授」

中学生の勉強ノート究極の勉強法

この記事では現役の教員が提案する、勉強ができるようになるための正しいノートの使い方が分かります。

たく先生
たく先生

現役の教員である僕が、ズバリ教えます!

スポンサーリンク

ノートの本来の目的

勉強における目的は弱点の克服です。

したがって、ノートに求めるべき要素も弱点の克服のはずです。

ノートで自分の弱点を的確に把握できれば成績も必ず向上します。

では、ノートをどのように活用すれば良いのでしょうか?

成績の良い中学生のノート

巷では様々な受験生向けの本が販売されています。

そしてその中には「東大生の・・・」というワードが入ったノートの取り方のノウハウ本も数多くみられます。

確かに、成績の良い中学生は『字が丁寧』で、『見た目がキレイなノート』を作る傾向にあると感じます。

ノートを見れば、その中学生の成績もある程度分かってしまいます。

もちろん、勉強が苦手な中学生のノートにも特徴があるのです。

勉強が苦手な中学生あるある

まず、1冊のノートに複数教科の内容を入れ込んでいるごちゃごちゃなノートは論外です。

僕はノートに関して、「勉強が苦手な中学生に特有の特徴」が2点あると思っています。

完璧主義で勉強しようとする

分かっていることも全てノートに書かないと気が済まないのです。

無駄な時間を割いていることが本当に多いです。

書いただけで分かったつもりになっている

キレイにノートをまとめて大満足。

結局頭に入っていないから、テストでは点数が取れないというパターンです。

良いノートとは

余白の使い方などの見やすさやデザインにこだわって、本質が抜け落ちてしまっては意味がないと思います。

ノートに求めるべき要素とは何でしょうか?

目的別にノートを紹介していきます。

スポンサーリンク

勉強に必要な3種類のノート

恐らく、ほとんどの中学生が1教科につき1冊のノートで対応していると思います。

しかしながら、僕は1教科につき『3種類のノート』の準備を推奨します。

それぞれの役割についてはそれぞれ説明していきます。

要点ノート

メインかつ最初に作成すべきノートです。

名前からして、目的は明確です。

教科書や授業中の板書から、重要度の高い要素を抜き出したノートです。

このノート作成のコツは『カラフルにしすぎないこと』です。

特に女子はそうしがちですが、どこが重要かが分からなくなってしまう危険性が高いです。

これでは、ノートの目的が失われてしまいます・・・。

要点が明確で分かりやすいノートが正解です。

問題演習ノート

問題を解いた時に解答を書くノートです。

このノートには絶対にしておくべき作業があります。

それは、絶対に『問題も書き込むこと』です。

解答だけ書かれているノートを後から見返したとします。絶対に思うはずです。「どんな問題だったっけ?」と。

これでは意味がありません。

そんな時間がないよというあなた。コピーして貼ればいいのです。簡単です。

※問題集をコピーしてそこに書き込む方法もあります(左側は問題で右側は解答を書き込むために白紙}

このノートには次の2つの情報も書き込んでおきましょう。

・問題を解くのにかかった時間(タイマーで測りましょう)

・重要ポイントなど注目すべきところ


後で必ずこれらの情報が役立つ日が来ます。

特に時間を意識して問題を解くことは制限時間のあるテストにおいて、大きな意味を持ちます。

タイマーを100円均一で購入して制限時間を決めてチャレンジすることを習慣化しましょう。

時間を意識することで得られるメリットはたくさんあります。

お子さんは、勉強時間の確保が難しいはずなのに時間を測らずにダラダラ問題を解いていませんか?

バイブリッドノート

このノートが非常に重要です。

「要点ノート」と「問題演習ノート」から作成するノートになります。

・問題演習ノートから間違った内容

・要点ノートから間違った部分に関する情報


をそれぞれ抜き出します。そうすることで、ハイブリッドノートが完成します。

弱点克服ノート

いうまでもなく、3種類の中で一番大事なノートは『ハイブリッドノート』です。

ハイブリッドノートには弱点しか書いてありません。

要点ノートと問題演習ノートのいいとこどりです!

弱点克服ノート=ハイブリッドノートなのです。

この弱点を克服すれば、点数が取れるわけですね!

まとめ

ノートに求めるべき要素は勉強ができるようになることです。

自分の弱点を的確に把握し、その克服に集中すれば時間がなくても効率よく勉強することができます。

今一度、ノートの活用の仕方を見直してみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました