自由研究|中学生のテーマの決め方「ぴったりのテーマを見つけよう」

中学生のテーマの決め方理科超攻略法

夏休みの自由研究。

「何をテーマにすればいいか分からないよ・・・」

という相談を必ず受けます。

自由研究は中学生にとって、絶対に避けては通れない課題です。

夏休みの自由研究は、休みが長いせいで中途半端なものは出せないというプレッシャーも大きいですよね。

ということで、この記事では現役の教員が、自由研究のテーマの決め方を紹介します。

この記事を読めば、自分に合った自由研究のテーマがきっと見つかるはずです!

たく先生
たく先生

現役の教員である僕が、ズバリ教えます!

自由研究のテーマ3つの決め方

まずは、自由研究のテーマの決め方からです。

自由研究のテーマを決めるときには、次の3つのポイントを意識して決めるようにしましょう。

手に入りやすい材料を使った自由研究にする

インドアかアウトドアに振り切った自由研究にする

好きや楽しいをカタチにする自由研究にする

この3つのポイントをしっかり押さえてることで、自由研究のテーマを正しく決められるはずです。

自由研究のテーマの決め方を失敗すると・・・最悪の場合、最初からやり直しになる羽目になりかねません・・・。

自由研究のテーマの決め方は、めちゃくちゃ大事です!

手に入りやすい材料を使った自由研究にする

自由研究を始めるときに、一番面倒なことは「材料集め」です。

材料集めに労力をかけてしまうことは、できるだけ避けたいです。

大がかりな実験を行う場合には、前もって通信販売などを活用して材料を注文したり、わざわざ材料を買いに行ったり、たくさん集めたりする必要がある自由研究は準備に時間がかかってしまいます。

夏休みの終盤に自由研究を行うとなると、時間をかけることが難しくなってしまいます。

だからこそ、自由研究で使う材料は可能な限り「家にあるもの」「近所の100円ショップで手に入りやすいもの」にするのが望ましいです。

ペットボトル、ダンボール、新聞紙などのように最終的にはリサイクルされるものを活用してエコな自由研究を行うのもSDGsの観点からも良いと思います。

インドアかアウトドアに振り切った自由研究にする

多くの場合、自由研究のテーマをいくつか考えてその中から絞り込むという中学生が大多数のはずです。

自由研究のテーマを絞り込むときに、アウトドア(屋外でできる自由研究)とインドア(屋内でできる自由研究)に分けて選ぶようにすると良いです。

【アウトドア】
生物の観察、気象観測、野菜の栽培などが自由研究のテーマになるでしょう。


【インドア】
実験、工作が自由研究のテーマになるでしょう。

観察はアウトドアでないとできない自由研究もあれば、インドアでできる自由研究もあります。

特に中学生が夏休みに自由研究をする場合には、気象条件や時間に左右されないインドアで行う自由研究を選択することをおすすめします。

その理由は、部活で忙しい中で継続した観察は難しいからです。

次に、アウトドア(観察、観測)とインドア(実験、工作)についてそれぞれ理科の先生という立場から、アドバイスをしてみます。

観察の場合

観察は自由研究のテーマとして選ばれやすいものだと思います。

観察の場合は2つ注意するべき点があります。

1つ目は、観察するものによっては時間がかかるということです。

地区の植物を観察する際には、既に発芽している植物を観察する場合は問題ありません。

ところが、発芽からの成長を観察する場合は夏休みに入ってから準備を始めては間に合いません。

夏休み中に観察をしようと思うのであれば、種まきのタイミングは・・・

 種まきのタイミング
6月枝豆
いんげん
キュウリ
小松菜
7月キャベツ
ブロッコリー
カリフラワー
大豆

となります。自由研究のテーマによっては、6月から準備をしておく必要が出てきます。

2つ目は、調べる項目を絞り込むことです。

大きなテーマで観察を行うと、研究全体がぼやけてしまう危険性が高いです。

例えばブロッコリーをテーマに自由研究をする場合は、ブロッコリーの発芽条件を調べるようにするべきなんです。

「明るい場所か暗い場所か」「涼しい場所か暑い場所か」など条件を変えて観察し、最適な発芽条件を探ると研究としての質が高まります。

観測の場合

観測するのは、天気などの身近なテーマになると思います。

観測に関して一番大事なことは、継続することです。

3日より1週間、1週間より1ヵ月、1ヵ月より3ヵ月というように観測の期間が長ければ長いほど、自由研究としても完成度が高くなります。

研究で得られるデータの信頼性が高くなるからです。

しかし、期間が長くなるというのは自由研究としての難易度が高くなります。毎日データを取るのはなかなか大変だからです。

そこで、手間のかからないテーマにすることが大事になってきます。

1回15分程度で(どんなに長くても30分以内)調べられるテーマを選びましょう。

1日3回、各5分で調べられるというテーマが理想的です。

最後になりましたが、期間が長ければ長いほど良いという話をしました。

中学1年生の夏休みから中学3年生の夏休みまで、継続的に観測することができればそれは素晴らしい自由研究になることは確実です。

実験の場合

自由研究の中でも、実験はテーマ選びが難しいものになります。

その割に、子供は実験をしたがるので大変です笑

そこで、家庭でも実験がしやすいテーマをえらぶことが大事です。

実験がしやすいというのは、手軽にできるという意味で捉えましょう。

特に目的が無い状態で自由研究をする場合は、すでに話したように「手に入れやすい材料でできる実験」を行うことを第一に考えましょう。

例えば、夏野菜であるブロッコリーはDNAの抽出に最適な素材です。

自由研究にオリジナリティーを出すために、余ったブロッコリーを調理してレシピを作成するするのも面白いですよね。

工作の場合

工作の醍醐味は「創意工夫ができる」ということです。

ベタではありますが、ペットボトルロケットを作成するときに・・・

今まで誰も作ったことのない形のペットボトルロケットを作成する

普通のペットボトルロケットを改良して、飛行距離を延ばす

3種類のペットボトルロケットの作成し、飛距離や構造を比較する


といった研究方法が考えられます。

新たなものを作り出すことも自由研究となりますし、すでにあるものを改良する、工作したものをいくつかのパターンで作ってみて、違いを比較することもできます。

好きや楽しいをカタチにする自由研究にする

自由研究のテーマは、好きや楽しいを基準にして決めると良いです。

あえて苦手意識のあるテーマにしようという中学生はいないとは思いますが、苦手意識のあるテーマを自由研究をすると途中で投げ出してしまう可能性が高くなります。

自由研究には前向きに取り組むことを優先しましょう。好きや楽しいをカタチにすることで、充実した内容の自由研究になるはずです。

自由研究のテーマは自分で決めて、取り組むべきという考え方の大人。ところが自由であるがゆえ、迷って決められないのが難しいところです。

ということで、まずは「好きや楽しいをカタチにする自由研究にする」という視点から、正しい自由研究のテーマの決め方を解説していきます。

興味・関心のあることをガンガン追求するスタイル

これは定番のスタイルであると言えますね。

興味・関心のあることをテーマに自由研究をすればモチベーションも高くなるはずです。

理科が好きな生徒なら、日常から不思議なことに敏感でしょうから比較的簡単にテーマが決まるでしょう。

理科に苦手意識のある生徒の場合は、難しいテーマではなく簡単なテーマで自由研究をするといいと思います。

・消しゴムで文字が消えるのはなぜ?

・飛行機が飛ぶしくみは?

・胃はどうして胃液で溶けないの?

こんな素朴な疑問を、中学生なら誰でも持っているはずです。

また、研究の方法を工夫してみると面白いかもしれません。

例えば、流行りのYouTubeが好きであれば、自由研究を動画の撮影や編集と言う形でまとめてみるなど工夫次第で色々なアプローチも見えてきます。

自由研究で大切なことは、「興味・関心」を持つことです。

大人の立場からするとそんなことを研究するのと思うこともあるかもしれませんが、自分で決めたテーマに沿って自由研究に取り組み、やり遂げることが何より大切です。

やり遂げることで、充実感や責任感を持つことにつながるからです。

学校の授業で学んだことを再確認するスタイル

理科の実験って意外と授業で実践する機会がないのではないでしょうか。

教科書に載っている実験の説明を受けたり、映像で実験を見て終わりというパターンも多いです。

実際に実験を「演示」で見て終わりだったり、グループで実験を行う場合は道具の数に限りがある場合はなかなか満足に実践ができないというのが実情です。

なかなか衝撃的な事実ですが、中学生の半数は「実験=楽しい」で終わってしまっています。

実験の目的やその現象が起こる理由を考えずに終わってしまっているんです。

「結局、この実験って何だったの?」となっている中学生が本当に多い!

そこで、「自由研究」を利用して自分でやり直してみようということです。

自由研究のテーマは自由に決めて良いわけなので、自分で実験をやり直してみるのはアリです。

学校とは違って、道具や薬品が純分揃わないので、その代用品を考えたり、学校ではしなかった組み合わせにチャレンジしてみるなどアイディア次第で面白い自由研究ができるようになります。

実験する際には「考察」することが重要です。万が一、実験に失敗した場合でも「なぜ失敗したのか」を考えることが自由研究になります。

未知の領域へ足を踏み入れるスタイル

未知の領域へ足を踏み入れるという自由研究はハイレベルな感じがします。

言葉が大げさな感じで、難しいように感じますが意外と簡単です。

興味や関心は深掘りすることで、自分の知らなかったことを新発見できたり、すでに知っていることの中から再発見するという「気づき」を得られることが多いんです。

深掘りだけでなく、拡大するという方法もあります。興味や関心のある分野や事柄の「周辺」を洗ってみることを指します。動画サイトなどでおすすめの動画を試しに見てみたら、面白かったという経験に近いです。

とはいえ、なかなか深掘りも拡大も中学生(特に中学1年生)には難しい場合も多いので、そこは周囲の大人がが知識や経験を活かした適切なアドバイスを与えることも大事になってきます。

僕も先生と言う立場上、質問攻めにあうことがあります。自分の知らないことを調べるって結構面白いことが多いです。保護者が生徒と一緒に調べたり、実験したりすることも自由研究の魅力なんじゃないかと思います。

自由研究を通して、親子で時間を共有できるってステキなことだと思います。

具体的な自由研究のテーマの決め方

どうしてだろう?と疑問に思うことが自由研究のテーマになります。

特別やってみたいことが見つからない場合は、教科書の内容を参考にテーマを決めるといいでしょう。

【物理分野】
光、電気、エネルギー

【化学分野】
気体、水溶液、化学反応、イオン

【生物分野】
動物や動物の生態、遺伝子、細胞

【地学分野】
地震、地層、天気、宇宙

というように、理科には自由研究のテーマにできることはたくさんあります。

説明をしたように・・・

インドアかアウトドアに振り切った自由研究にする

好きや楽しいをカタチにする自由研究にする

手に入りやすい材料を使った自由研究にする

以上の3つのポイントと教科書の内容をリンクさせて、自由研究のテーマを決めれば理解力を深めることにつながるでしょう。

では物理分野、化学分野、生物分野、地学分野についてテーマを決める時に気を付けるべきことを見ていきましょう。

物理分野

物理を自由研究のテーマにする場合、研究対象となるテーマを決めましょう。

光や音などのように「目に見えない現象」をテーマにするよりも次の2つを研究テーマにするのがおすすめです。

物体の運動をテーマにする

電気をテーマにする


物体の運動をテーマにすることをすすめる理由は、「物体の運動によって移動時間を測定する自由研究」がレポートを書きやすいからです。

物体はバスや電車などが適しています。模型を自作して研究するのもGOODです。

ソーラーカーを作って、いかに長くや速く走らせるかを研究すると面白いと思います。物体が移動する速さの計算が理科の授業内容とリンクするはずです。

また、ソーラーパネルの歴史や仕組みを研究すると自由研究としてのレベルアップが期待できます。

電気をテーマにするときは、理科の授業内容である電気回路を組み合わせると良いでしょう。

電池ソケット、モーター、LED、簡易扇風機などを組み合わせて回路を作成するのも面白いです。

100円ショップやホームセンターに行って、予算内で回路を作成するために創意工夫するだけでも中学生にとっては勉強になることが多いはずです。

扇風機の回転方向を逆にすることで、扇風機と掃除機を兼ねる装置を作ってみたら面白いですよ。

電流の正体など、深掘りできる内容も多いのも電気をテーマにするメリットだと思います。

化学

基本的に化学では得られた結果に対し、その結果に至った現象が「なぜ起こったのか」を明らかにすることが重要です。

化学の研究では、目に見える化学変化と目で見えない化学変化があります。

言うまでもなく、化学の面白さは『目に見える変化』にあります。変化を写真で表現するとともに、なぜそのような変化が生じたのかを考えることが重要です。

一方で目に見えない化学変化にはどう対応したらよいでしょうか。

目に見えない化学変化はどうすればわかりやすいレポートにできるかが重要です。例えばイラストで図示することができれば、格段にわかりやすさがアップします。

ここまで化学の説明してきましたが、塩酸や水酸化ナトリウムといった危険な試薬を自宅で使うことは禁止です。

したがって、化学変化をテーマにする際にはどうしても発展的な学習は困難になります。

塩酸や水酸化ナトリウムの代わりに混ぜるな危険と書かれた洗剤を使用するのは非常に危険です。

薬品の取り扱いを誤ると命の危険をまねく危険性の高い材料もありますから、使用前に取り扱い方法を十分確認する必要があります。

使用できる薬品の制限と危険性を考えると、違う視点から化学をテーマにするのもアリです。

例えば、最近話題の『電気自動車』を研究テーマにするのはどうでしょうか。

どの様な仕組みなのかを研究すれば、化学変化も含めて勉強できるはずです。

将来性や現在の問題点(価格の高さや充電スポットの問題)を研究テーマにすれば、充分な自由研究になるはずです。

生物

生物の自由研究と言えば「昆虫採集」や「昆虫の飼育」を思いつく人が多いと思いますが、個人的におすすめしません。

その理由は、責任を持って処理できない中学生が多いからです。

そもそも、昆虫採集は昆虫の命を奪う行為なので僕は反対です。また、昆虫の飼育に関しては多くの場合、お盆に田舎に帰省した際に採集した昆虫を使うなど身近な昆虫以外を飼育することが多いはずです。

昆虫は、最終的には元居た場所に返すことが絶対条件で飼育をするべきだと考えます。生態系の保全を中学校の理科で学ぶ観点から、これはマイナスポイントすぎます。

植物の飼育に関しては、ホームセンターで売られている種子や苗に関してはきちんと処理をすれば問題ないと思います。

理科の先生と言う立場から、中学生にぜひ研究して欲しいテーマが「遺伝子」「遺伝子工学」です。

遺伝子の学習に関しては、DNAに関するものが分かりやすいと思います。DNA模型の制作や身近な食物からDNAを抽出するのはきっと中学生の好奇心を刺激するテーマになると思います。

日本は遺伝子工学の分野で世界トップクラスの研究結果を出しています。

iPS細胞など、聞いたことはあるけどよくわからないというワードを徹底的に調べる自由研究は非常に有益だと思います。

ただし、遺伝子に関する研究は日々進んでいるので、自由研究で引用する文献や資料は最新のものかを確認して参考にするようにしましょう。

地学

地学をテーマにすると、「環境」というワードとのつながりを強く感じるはずです。

ある意味、物理や化学よりも身近なことだと捉える中学生が多い分野になると思います。

例えば、「地震」「気象」が地学のテーマです。

地震大国日本に生まれた中学生は、多かれ少なかれ地震を経験しているじはずです。

地震の起こる仕組みを研究するなら、日本で起こる地震の仕組み・・・だけでなく「外国で起こる地震と日本で起こる地震との違い」を研究するるなど視点を変えれば研究内容が深まります。

他にも、防災の事を研究するなど内容を拡大することも可能です。

気象に関しても、天気予報のしくみを調べてみてはどうでしょうか。

多くの中学生は、気象衛星を用いて天気予報が行われていることまでは知っていますが、それ以上のことは知らないはずです。

残念ながら、中学校の理科でも深掘りしない部分の1つです。調べてみると、何で天気予報が当たらないかもわかるかもしれません笑

世の中ではさまざま所で快適に生きるための工夫が行われています。周囲に目を向け、研究すれば新しい発見があるかもしれません。

自由研究のテーマ3つの決め方

自由研究のテーマを決めるときには、次の3つのポイントを意識して決めるようにしましょう。

手に入りやすい材料を使った自由研究にする

インドアかアウトドアに振り切った自由研究にする

好きや楽しいをカタチにする自由研究にする

この3つのポイントをしっかり押さえてることで、自由研究のテーマがバッチリ決まるはずです。

自由研究が最初からやり直しにならないようにするためにも・・・きちんと自信を持って進められる自由研究のテーマを決めましょう!

良かったら、次の2つの記事も参考にしてみてください。

中学生の自由研究テーマ30選

中学生の自由研究のまとめ方

最高の自由研究を通して、充実した夏休みにしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました