スポンサーリンク

中学生の勉強の習慣化「失敗しないための5つの方法が決め手です」

中学生の勉強の習慣化究極の勉強法
スポンサーリンク

この記事では現役の教員が、中学生の勉強の習慣化で押さえるべきポイントを説明します。

たく先生
たく先生

現役の教員である僕が、ズバリ教えます!

スポンサーリンク

勉強の習慣化の流れ

習慣化の最大のポイントは完璧主義にならないことだと考えます。

とにかくハードルを下げて、簡単ことを習慣化することが大事です。

習慣化においては、環境や仲間を利用することを強くオススメします。

習慣化完了後は、徐々にレベルアップしていきましょう!

スポンサーリンク

習慣化が困難なタイプの中学生

夜型の生活スタイル

夜型の生活スタイルの中学生は勉強を習慣化しにくい傾向にあります。

その理由は、夜型の生活スタイルの中学生は生活リズムが整っていないことが多いからです。

夜遅くまで勉強をして睡眠時間を減らすという選択は、成長にも悪影響を及ぼします。

テスト前にだけ頑張るスタイル

「テスト前だけ勉強を頑張れば大丈夫」だと思っている中学生も勉強の習慣化は難しいです。

そもそも勉強の習慣化はなぜ必要なのかという理由が大事だと思います。

本物の実力を身につけるためには、勉強を継続的に習慣化することが必要になるからです。

その場しのぎで点数が取れたとしても、知識は定着していません。

このような中学生は高校受験で失敗する可能性が高いです。

スポンサーリンク

勉強の習慣化5つの方法

勉強の習慣化のための5つの方法を紹介します。

①アドバイスを即実行する

②完璧主義にならない

③数字を残す

④神経伝達物質の力を使う

⑤外部の力を利用する


成績の良い中学生は学習の習慣化ができています。

その理由も分かるはずです。

アドバイスを即実行する

人からアドバイスされたら、中学生は2つに分かれます。

「即実行する」か「スルーする」かの2つです。

「即実行する」ことは成功の秘訣です。

成績がいい中学生は素直にアドバイスを受け入れて、即実行する力を持っています。

成績が悪い中学生は、自分のやり方を貫こうとします。

でも、中学生にアドバイスする人ってどんな人でしょうか。先生や保護者をはじめとする「大人」ですよね。

伊達に長く生きていません。少なくとも中学生より長く生きているので、どうやったら上手く行きやすいかを把握しています。

僕も2000人以上の中学生を見てきて、成績の良い悪いの差を熟知しています。

そんな有難いアドバイスをスルーして、我流で成功できるかは考えれば誰でも分かります。

成績が悪い原因を改善するためは、現在の状況を変えなければいけません。

アドバイスを素直に実行できる中学生は改善がスムーズにできます。

もちろん、人によって合う合わないという相性もあります。しかし、まずはやってみる。その上で取捨選択することが大事だと思います。

アドバイスを取り入れながら自分にベストな勉強法を確立することが大事です。

完璧主義にならない

何かのキッカケで勉強するスイッチが入った中学生がいるとします。

「今日から毎日、3時間勉強するぞ!」と気合十分です。

2~3日はできるかもしれません。しかし1週間継続できる中学生は100人中10人いないのではないでしょうか。

完璧主義の中学生は自分で決めたことをやり遂げられないといけないと自分で自分に圧力をかけてしまって、心が折れてしまうのです。

僕を含めて人間は誰しも、初めから完璧にできないのが当たり前と考えましょう。

そもそも始める際は簡単なものから始めればいいのです。毎日30分勉強しようで良いのです。

多少計画が狂っても、ある程度できたのならお子さんを褒めるくらいで丁度いいです。

完璧主義にならず、継続することがまずは大事です。

数字を残す

これ、超効果的です。

結果を出す中学生は部活でも勉強でも必ず記録や日誌を残しています。

とはいえ、これが簡単にできれば苦労はしないわけです。

完璧主義の部分でも書きましたが、できるだけハードルを下げることが大事です。

・一言だけ

・感想だけ

から始めればOKです。

僕なら、カレンダーに勉強時間を記録するところから始めるようにアドバイスします。

この際のポイントは「数字」を残すことです。習慣化をする上で「数字」は重要な要素になります。

お金を例に挙げると分かりやすいでしょう。僕は積み立てNISAで投資しているのですが、口座を確認するたびにお金が増えているのを見るのが楽しみです。毎日、決まった時間にチェックしてニヤニヤしてます笑

同じことを、勉強の習慣化でも行うと良いということです。

数字には、お金と同じように増やしたいというモチベーションを引き起こす力があるのです。

同時に「失いたくない」ものという要素もあるので、習慣化の成功率を高めます。

継続することができるようになれば「自分はこんなに勉強したんだ」と自信を持つことにもつながります。周囲が小さな成功を認めて褒めてあげることも効果が大きいです。

神経伝達物質の力を使う

ドーパミンβ-エンドルフィンって聞いたことがあるでしょうか。

この2つは「神経伝達物質」です。

 習慣化できるようになるには強靭な意志の力が必要になります。

最初はモチベーションが高いので、小さなハードルであれば継続が可能でしょう。さらに、数字による実績で自信も芽生えてくると思います。

こうなってくると習慣化までもう一歩の段階になります。

「恒常性」という言葉をきいたことがあるでしょうか。

別名ホメオスタシスと言い、この機能は生まれながらにして誰しも備えています。

この恒常性は、ざっくり言うと「今の状態をキープしようとする機能」です。

僕たち人間が体温を36度前後に保てるのはこの恒常性のおかげなのです。外気温に左右されず、ある程度一定の体温を保てる。これが恒常性です。

実は、継続的にドーパミンやβ-エンドルフィンという神経伝達物質を分泌することで、無理にがんばらなくても当たり前のように行動できる状態を作り出せます。つまり、恒常性を勉強でも作り出すことが可能だということです。

外部の力を利用する

人間の意志は超弱いです。

大人でも、簡単にあきらめてしまうことって多いです。ダイエットなんかが良い例ですね。

ではどうすれば良いのか。明確な答えがあります。

それは「外部の力を利用する」ことです。

宣言する

自分の目標を大々的に宣言してしまうことです。

宣言した手前、なかなかやめることはできないのが中学生の可愛いところです。

環境を活用する

図書館などの勉強する環境に身を置くことです。

否が応でも勉強するしかない状況を作り出すことも効果的です。

テスト前や土日に時間を決めて定期的に利用するといいと思います。

仲間と共闘する

同じ目標に向かって共闘できる仲間を作ると、習慣化をより強いものにすることができます。

仲間がいれば、励まし合えます。さらに、連帯責任の意識が生じるのでやめるという選択が簡単にできなくなります。

スポンサーリンク

習慣化ができたらレベルアップ

まずはハードルが低くても良いので、簡単なことを習慣化しましょう。

その習慣化が完了したら、いよいよ次にするべきことが「レベルアップ」です。

 多くの場合、最初から難しい内容の習慣化に取り組んで失敗してしまいます。

だからこそ、簡単かことを習慣化するところから始めたわけです。

習慣化に成功した後に、徐々にレベルアップしていけばOKなのです。

一度習慣化してしまえば、多少辛くても簡単に習慣は崩れないものです。

安心してレベルアップできる状態を作るためにも、ゆるぎない習慣化の土台を作ることから始めましょう!

スポンサーリンク

勉強の習慣化のコツ

勉強の習慣化のための方法は・・・

①アドバイスを即実行する

②完璧主義にならない

③数字を残す

④神経伝達物質の力を使う

⑤外部の力を利用する


の5つです。

習慣化の最大のポイントは完璧主義にならないことだと考えます。

とにかくハードルを下げて、簡単ことを習慣化することが大事です。

習慣化においては、環境や仲間を利用することを強くオススメします。

習慣化完了後は、徐々にレベルアップしていきましょう!

僕は習慣化のための環境作りにはオンライン自習室のあるオンライン家庭教師をおすすめします。

自宅にいながら最高の環境で自習を行うことができる素晴らしいサービスです。

また、オンライン家庭教師はきめ細やかなアドバイスや学習計画の作成など大きな進化を遂げています。

オンライン自習室も今後ますます発展していくでしょう。

ぜひ、オンライン自習室完備のオンライン家庭教師を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました