オンライン家庭教師の選び方 3つのポイント

あなたにあったオンライン家庭教師が選べる 3つのポイントとは?

この記事をご覧の皆様は、「オンライン家庭教師って良さそうだけど、実際はどうなの?」と気になっている方々だと思います。 まだまだ新しいサービスなので、周囲の口コミを少ないでしょうし、どこがいいのか?どうやって選べばいいのか?とお悩みではないでしょうか?

ここでは、様々な教育サービスに携わり、数々の塾予備校選びのお手伝いをしてきた編集部が、オンライン家庭教師選びの3つのポイントに絞ってお伝えいたします。

ポイント1 先生・講師

お子さんと直接接することとなる先生・講師です。先生・講師と言ってもいろいろなパターンがあり、その経験や実力は様々です。

  • 現在大学へ在学中の大学生が自身の受験勉強の経験を生かして指導にあたる
  • 予備校講師や家庭教師で生計を立てているフリーランスの先生
  • 塾予備校や家庭教師派遣会社の正社員として、専属で指導している先生

このような先生がいることが考えられます。

大学生の講師の場合、その他のプロ講師と比べて授業料が安いというメリットがあります。 受講生と年齢も近いので、生徒の気持ちに寄り添いやすく、勉強を続けるモチベーションを高めてくれるでしょう。 ただし、相性の良し悪しや教え方の上手い下手の差が激しいのがデメリットです。 また、大学の授業の試験前や行事など、学生自身のスケジュールがあるためお休みとなる可能性も高くなります。

上記以外の先生はプロ講師となります。

プロ講師は、塾予備校や家庭教師での指導で様々な生徒の指導を経験しているので、生徒に合わせた指導方法を柔軟に対応してもらえます。 成績を上げるプロなので、本人の癖や性格に合わせた指導方法をとってもらえる場合が多いでしょう。 しかし、プロ講師は年齢的が離れた大人なので、大人が苦手なお子さんだと、威圧的に感じてしまったり、萎縮してしまい思うように授業を受けられない場合もありますが、オンライン家庭教師の場合は画面越しなので、通常の家庭教師に比べればあまり威圧的に感じにくい面もあります。

どちらもお子さんの性格や日常の学習の態度などで見極めて選択するのが良いでしょう。 また、多くのオンライン家庭教師は、講師の途中交代が可能な場合も多いので相性が合っていないと感じたり、成績が伸び悩むようであれば、遠慮無く交代を申し出るのが良いでしょう。

この辺りは、従来の家庭教師選びや塾予備校選びと変わらない部分ですので、皆さんも良くご存知かもしれませんね。

ポイント2 料金・学費

ここは皆さんが一番気になるポイントでしょう。料金・学費は、1対1の授業なので高額ではありますが、従来の家庭教師や塾に比べるとリーズナブルです。

指導を受ける内容(授業の補習・受験対策・難関大学受験対策など)のレベルに応じて、受講料も高くなりますので、 お子さんの学力に応じた適切な講師を選択する必要があります。

注意すべき点は、オンライン家庭教師特有のシステム利用料ソフトウェア利用費機材の購入の有無です。

入会金は従来の学習塾でもあるのでご理解頂いているかと思いますが、「システム利用料ってなに?」と感じる方も多いでしょう。 オンライン家庭教師で使用するテレビ電話システムは、一般的な無料のソフトウェアを利用している場合を除き、それぞれの会社独自のソフトウェアを利用しています。 もちろん機能面や画質音質は優れていますが、そうしたシステムの利用料として、この料金が発生します。

授業に必要な「WEBカメラ」や「ペンタブレット(PCの画面に書き込むための機械」など、多くはレンタルが可能ですが、悪質な場合、指定したものを購入させられるケースもあります。

単純に1時間あたりの授業料だけで比較するのでは無く、プラスでどのような料金があるかもしっかりと確認しておく必要があります。

ポイント3 サポート面

これは、学習面とシステム面をあわせてサポートとしました。

学習サポートは、各科目の内容だけでなく、日常の学習方法や進路の悩みなど先生以外に相談できる窓口があるかという点です。 先生が学生の場合、各科目の内容の指導はできても総合的に広い視野で進路相談に乗るのはなかなか難しいものです。 保護者の悩みなどは学生の先生には相談しにくく、アドバイザーのような窓口があるとちょっとした学習相談などには大変便利です。

システムサポートは、パソコンの初心者や操作に不慣れな場合に、親身になってお手伝いしてくれる窓口です。 パソコンやシステムに詳しい専門家の窓口なので、「パソコンの調子がおかしくて接続できない!」や「音がでない」「カメラが映らない」などのトラブルの際には、対処してくれます。

場合によってはリモート接続など遠隔で修復してもらえる窓口もあります。

まとめ

従来の家庭教師の選び方に加えて、上述したオンライン家庭教師特有のポイントにも注意が必要です。 PCの画面を通してしか接触できない不安もあると思いますが、実際に初めてしまえば、従来の家庭教師と何も変わらず受講できてメリットもたくさんです。

みなさんのオンライン家庭教師選びのご参考にしていただければ幸いです。

関連記事

  1. オンライン家庭教師に必要な機材「パソコン?WEBカメラ?」

  2. 不登校のお子さんにオンライン家庭教師を活用しよう!

  3. 中学受験にオンライン家庭教師がイイ『5つ』の理由

  4. オンライン家庭教師の料金相場を調査しました!

  5. オンライン家庭教師のメリット・デメリット

  6. 高校受験にオンライン家庭教師がおすすめ! そのポイントを解説