記述問題の解き方「中学生が記述問題を解くコツをこっそり教えます」

記述問題の解き方効率的な勉強法

定期テストや高校受験では、解答を記述しなければ正解になりません。

記述が苦手なお子さんを持つ保護者にとっては深刻な悩みです。

記述する能力はセンスで決まると思われがちですが、そうではありません。

この記事では、「記述問題の解き方」を解説します。

以下、信頼性のため自己紹介します!

だいぞー先生のプロフ
スポンサーリンク

記述問題の解き方

文章の基本構成は……

起・承・転・結タイプ…物語や小説に多く見られる

序論・本論・結論タイプ…作文に多く見られる

の2つのタイプに分けられます。

記述を行う際には、序論・本論・結論タイプで文章を構成するとうまく記述できるようになります。

ここで、3ステップ記述法を紹介します。

3ステップ記述法

ステップ①】書くべき要素をそろえる

【ステップ②】各要素を短い文にする

【ステップ③】短文をつないで文章にする

各ステップのポイントを確認していきましょう。

【ステップ①】書くべき要素をそろえる

まずは、最初のステップとして文章を書くための要素をそろえます。

書くための要素は問題の中からピックアップすればOKです。

【ステップ②】各要素を短い文にする

次に、そろえた要素を箇条書きにしましょう。

このとき、主語+述語の形で文を作るのがポイントです。

【ステップ③】短文をつないで文章にする

3つ目のステップは、論理(序論・本論・結論)を意識しながら箇条書きにした短文をつなげましょう。

注意点

最後に、文末について注意点を書きます。

ある問題で「○○とは具体的にどういうことですか?」と問われているとしましょう。この問題の解答は「△△ということ」と答えるべきです。

他にも、問題文で「それはなぜですか?」と聞かれたら「~だから」というように理由を答える形で答えなければなりません。

このように、記述の文末表現には注意が必要です。細かいですが、問題に沿った文末表現ができているかも必ず見直しするようにしましょう。

今回紹介した3ステップ記述法は、練習すればするほど上達します。ガンガン書いて3ステップ記述法をマスターしてください。

スポンサーリンク

記述できない中学生がするべきトレーニング

中学生はインプット(読む、聞く)は日常的に経験しますが、アウトプット(書く、話す)には慣れていません。

実際、教育現場にいるとアウトプットが苦手な中学生が多いという印象を受けます。

定期テストや高校受験では「解答用紙に答えを書く」必要があるので、記述力が低いと実力を100パーセント出すことができません。

記述できない中学生がするべきトレーニングは、次の5つです。

  1. 読解力をつける
  2. 文章を書く
  3. 模範解答と比較
  4. 文章を要約する
  5. 字数制限に対応する

1番から順に取り組むようにしてください。

それでは、記述できない中学生がするべきトレーニングをくわしく解説します。

読解力をつける

読解力をつける

まずは読解力をつけましょう。

読解力がなければ、問題そのものの意味が理解出来ません。

つまり……

  • 問題で何が問われているのか
  • 問題で問われていることに、どう答えたらいいか

が理解できなければ問題外。まずは読解力が必要になるわけです。

▼読解力をつける5つの方法はこちら↓

文章を書く

文章を書く

「読むこと」と「書くこと」はどちらが難しいでしょうか?

言うまでもなく書くことの方が難しいです。文章を書ければ書いた文章を読むことができますが、文章が読めるからといって書けるかというとかなりハードルが上がります。

中学生が記述力を高めたいのであれば、とにかく文章を書くことが大事になります。

最初は2~3行程度の日記など、短い文章を書くことからでOKです。

とにかく、この瞬間から文章を書くという経験を積み始めましょう。

文章を書き写す

文章を考えるのが苦手であれば、文章の書き写しに挑戦しましょう。

ただし、いきなり長い文を書き写したり、毎日書き写しをしよう頑張りすぎると途中で挫折してしまいます。

3日に1回くらいのペースで、書き写しをやってみると丁度良いです。

書き写しの題材は中学生にとって程よく難しいレベルの文章が望ましいです。ここからは、中学生の書き写しの題材としておすすめのものを紹介します。

教科書

教科書は最高の書き写しの題材です。

教科書を書き写すことで得られるメリットは次の2つになります。

  • インプットとアウトプットを繰り返すことができる
  • 流し読みや飛ばし読みを防ぐことができる

教科書は定期テストや高校受験の問題のベースです。したがって、教科書を完璧に理解しておけば、絶対にテストや高校受験で失敗することは無いと断言できるほど…教科書は大事です。

教科書を書き写せば、アウトプット(文章を書く)とインプット(自分が書いた文章を見る)を繰り返すことになり、着実に教科書の内容を自分のものにできます。

書き写しでは「見る」と「書く」の2つを同時に行い、1文字1文字文字に意識が集中するので流し読みや飛ばし読みができなくなります。

また、重要な点が抜き出されているので、問題集の模範解答も教科書同じように書き写しに適しているでしょう。

新聞記事
新聞記事

書き写しの題材として、有名なのは朝日新聞の「天声人語」です。

天声人語も良いのですが、「新聞記事(社会面や政治面)」の書き写しをおすすめします。

次の3つが「新聞記事(社会面や政治面)」の書き写しをおすすめする理由です。

  • 毎日内容が変わる
  • 語彙力が増える
  • 受験に必要な時事問題に触れることができる

新聞記事を題材にすれば、毎日内容が変わるので、飽きずに書き写しに取り組むことができます。

書き写しが習慣化してくると、語彙力が大幅に増えていることを実感するでしょう。

記述力は結局のところ書くことでしか高まりません。語彙力が多ければ多いほど定期テストや高校受験では有利になるので語彙力を増やせる書き写しにデメリットは見当たりません。

記事の中で時事問題に触れることで、社会情勢に関する知識を養うことができる点も新聞記事(社会面や政治面)の書き写しの大きなメリットです。

採点者の視点に立って文章を書く

読解力が「人の話を理解する力」だとすると、記述力は「人に説明する力」と言えます。

人に説明するとき、一番大事なことは分かりやすく伝えることです。

定期テストや高校受験の解答用紙に記述した文章を見るのは「採点者」ですから、採点者の視点に立った文章を書く必要があります。

主語がハッキリと書かれているか、問題で問われてることに対して的確に解答できているかなどをチェックしましょう。

大事なことなので、もう一度言います。普段から問題に答えるときには、採点者の視点に立って『分かりやすい文章を書くこと』が大事です。

採点者の視点に立って文章を書くことができれば、自然と定期テストの成績は上がります。

模範解答と比べる

模範解答と比べる

問題を解き終わったあとは、自分の解答と模範解答を比べましょう。

模範解答は、最適な解答になるので自分の解答と比較することで参考にできる部分がたくさん出てきます。

文末表現や誤字などのケアレスミスが無かったかの確認は忘れずに行ってください。

模範解答を見ながら、大事なポイントをチェックすれば自分の解答に「不足している要素」を確認することできます。

文章を要約する

文章の要約は、中学生が記述力を高めるのに非常に有効な方法だと言えます。

  • 文章の中から大事なポイントを探し出す力が身につく
  • 文章の中の大事なポイントを自分の言葉で言い換える力が身につく
  • 文章で大事なポイントをまとめる力が身につく

文章を要約することに加えて、中学生が記述力をより高めるために……

  • 先生に要約の添削をお願いする
  • 要約を時間をおいて読み返す
  • 要約を人に話して聞かせる

の3つを行うことも心がけましょう。

先生の添削で要約のコツが掴みやすくなりますし、時間をおいて読み返すことで自分の間違いを再発見することができます。

さらに、要約を人に話して聞かせることによって間違った言葉の使い方に気づくことができるでしょう。

字数制限に対応する

中学校のテストや高校受験では、「〇〇という言葉を使って、△△字以内で答えなさい」というように『制限字数で答えるタイプの記述問題』が多く出題されます。

意外かもしれませんが、制限字数を守らず記述してしまう中学生は結構多いです。

高校受験の記述問題では制限字数内におさめて且つ必要なことを全て盛り込む必要なあるので、言葉を言い換えたり、文字数をコントロールしながら書く力が重要になります。

制限字数で書く練習で最も良い方法は、同じテーマで200字・100字・50字で書くトレーニングになります。

文章の中の大事なポイントを省かないように文字数を少なくするには……

  • 表現方法を変える
  • 言葉を言い換える
  • もっと短い言葉を使う

の3つを意識する必要があります。

言いたいことをそぎ落とさずに字数だけを少なくするには、あらゆる表現方法の中から同じ意味合いで短い言葉を探す必要があります。

同じことを少ない字数で書く練習を積み重ねて行けば、自然と言葉のレパートリーが広がって行くでしょう。

スポンサーリンク

記述問題を解くために日常的にやるべきこと

記述問題を解くために「日常的にやるべきこと」は……

  • 結論から話すこと
  • 自分の意見を持つこと

になります。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

結論から話すこと

結論から話すこと

実は、記述力は日常の会話の中でもアップすることができます。

記述が苦手な中学生は、話すときに意識するべきことは「結論から話すこと」です。

結論から話せば、自分の意見を的確に相手に伝えることができます。4コマ漫画では起承転結がオーソドックスな話の組み立て方になっています。

起承転結を踏まえて話をすると良い気がしますが、起承転結の流れで話をすると聞いている相手は「何の話をしているの?」と思いながら最後まで話を聞かなければいけません。

最初に「何を伝えたいのか」を聞いている相手と共有してから話をすれば、自分の意見を的確に相手に伝える力が身に付くというわけです。

僕の記事も最初に結論から始めていることに、気が付いていましたか?結論から書き始める理由はすでにお話した通りになります。

次に、3ステップ記述法の中で主語+述語をベースにした短文を作るという話を思い出してください。

記述力を高めるためには文章を書くことが大事ですが、なかなか書く回数を稼ぐことができません。

書くより話す方が気軽にできるので、日日常の会話で記述力をみがけるように単文(主語+述語)で話すことを意識しましょう。

回りくどい説明は抜きにして、シンプルな短文で説明することができるようになれば、自分の意見を的確に相手に伝える力が身に付きます。

自分の意見を持つこと

テストや受験問題を分析すると、記述問題は大きく2種類に分かれることに気が付きます。

1つは、与えられた言葉や用語を使って記述する問題です。

例えば「○○という言葉を使って、△△字以内で述べなさい」という問題は、与えられた言葉や用語がヒントになるので記述しやすい問題と言えます。

2つ目は、「あなたの考えを含めて、△△字以内で述べなさい」という問題です。

当然、答えに自分の考えを入れる訳ですが、急に自分の考えと言われても…すぐに思いつきません。

自分の考えを入れる問題にうまく解答するには、日頃から身の周りのことについて自分の力で考え、自分の考えを人に説明したり、書く練習をすることが大事になるでしょう。

スポンサーリンク

記述問題の解き方

テストや高校受験では解答用紙に答えを書くことが絶対条件なので、記述力は低いと実力を100パーセント出すことができません。

記述問題の解き方では、3ステップ記述法を使うのがおすすめです。

3ステップ記述法

ステップ①】書くべき要素をそろえる

【ステップ②】各要素を短い文にする

【ステップ③】短文をつないで文章にする

文章を書くことは絶対条件です。とはいえ、何も考えずにひたすら書く作業に時間を割いても、記述力は一向に高まりません。

正しい文章を真似したり、目的をもって文章を書くことが重要になります。

3ステップ記述法などの記述のテクニックを身につけることも、テストや高校受験で高得点を取るためには必要になるでしょう。

▼中学生にとって重要な力も併せてチェックしておきましょう↓

この記事が、お子さんの学力アップに役立てば幸いです。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました